【任せたくない】仕事ができない人の特徴4選

仕事ができない人の特徴4選

今回は、自分は日々仕事を発注している中で感じた、仕事ができない人の特徴について4つ紹介していきます。

これまで自分は基本的に一人で仕事をしてきたのですが、最近は仕事の幅がWeb制作から動画編集、デザイン、コンテンツ作成、SNSの運用などなど、かなり多岐にわたってきたので、人にお任せするようになりました。

ぶっちゃけどれも自分でできるのはできるのですが、さすがに全部自分でやっていたら時間んが足りないし、お金があるのに外注しないなんて頭がおかしい話なので、最近は自分じゃなくてもできること以外はほぼ全て外注するようにしています。

直近だけでも20人くらいは関わったのですが、やっぱり仕事ができる人とできない人とでかなり顕著に差が出ていました。

「めっちゃ優秀な人やな〜。この人にずっと任せよ」と思うこともいれば、「この人は今回きりかな。ちょっと人選ミスったな」ということもいます。

基本的に、副業界隈、フリーランス界隈では、クライアントワークがお金を稼ぐ人が多いとは思いますが、仕事が集中する人と全然仕事がこない人に分かれます。

最近、大量に仕事を発注する側になって、その理由がよくわかりましたね。

やっぱり発注する側にならないとわからないことはたくさんあります。

普段は仕事をもらう側の人でも、なんでもいいので一回何かの仕事を発注する経験はしてみるべきです。

そうしたら、クライアントにこういう風に接すると安心感を与えられるし、信頼感も持ってもらえるということがよくわかります。

ここからは、自分が実際に仕事を大量に発注する立場になって感じた仕事ができない人の特徴を4つ紹介します。

仕事ができる人の特徴は、今回紹介することの逆だと思ってください。

今回紹介することは基本中の基本ですが、全部できている人はほとんどいないです。

そのため、これらを改善するだけで簡単にライバルと差をつけることができます。

仕事を任せされ続けたい、仕事で溢れてウハウハ状態になりたい人はぜひ最後までご覧ください。

仕事ができない人の特徴

特徴①:レスが遅い

 

特徴②:納期に納品しようとする

 

特徴③:報連相がない

 

特徴④:言われたことしかしない

 

自分の公式LINEでは、今なら自分が月に1.5億円稼ぐまでにどんな行動を取ってきたかをまとめた有料級の記事を無料で配布しています。

また、公式LINE限定の4日間に渡るプログラミングとWebマーケティングの無料講義も受講することができます。

さらに自分がこれまでYouTubeで発信してきた動画の厳選集もご用意しています。

個人で稼ぐ力を身に付けたい。

もっと自由に使えるお金と時間を手に入れて理想のライフスタイルを実現したいという人はぜひ今のうちに公式LINEに登録しておいてください。

今回もブログをお読みいただきありがとうございます😎  以下のLINE公式では、LINE限定の動画コンテンツやコラム、みなさん一人ひとりにパーソナライズした情報などを配信していますので、ぜひ友だち追加お願いします^^
追加していただいた方だけに配布する限定動画もございます🎁
友だち追加