ブログ・YouTube・Twitterのネタが思いつかない?やるべきことは○○だけです

SNS運用
YUKO
ブログとかTwitterをやってるんですけど、ないを書けばいいか全然思いつかない…。YUJIさん、助けてください…。
YUJI
書くことがわからないという人は結構たくさんいますよね。今回の記事ではそういう人を救いたいと思います。
本記事が想定するターゲット読者
ブログやYouTube、Twitterで書く内容が全然思いつかない人
本記事を読んで分かること
ブログやYouTube、Twitterのネタがどんどん頭に溢れていく秘訣分かります

結論

ブログやYouTube、Twitterのネタがどんどん溢れていくための秘訣
  • 普段から何気ない事象の一つ一つを深く考察する
  • 積極的に一人の時間を作る
  • 普段からなんでもいいので行動しまくる

ブログやYouTubeのネタが思いつかないのは○○が足りていないから

ブログやTwitter、YouTubeのネタが全然思いつかない…。

 このような悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?

TwitterでのDMからの質問や、普段の皆さんのツイートを見ていても個人的にそのように感じています。

しかし、一方で毎日しっかり更新をして、しかもその中身もまとまったものになっているという方は少なからず存在します

特にインフルエンサーと呼ばれる方々は、ブログでもYouTubeでも、Twitterでも有意義な情報発信を毎日行なっています。

それでは、ネタが全然思いつかずに困っている人と、インフルエンサーのような毎日有意義な発信をできる人の違いはなんなんでしょうか

その答えは大きく分けると3つあり、それらはシンプルかつ非常に当たり前のことです。

しかし、この当たり前のことがなかなかできないからこそ、インフルエンサーと呼ばれる人とそうではない人が生まれてくるのです。

それではこの3つについて解説していきます。

日頃から何気ない事象1つ1つに対し深く思考してみる

ブログやYouTube、Twitterなどでいいネタを投稿するために必要なことの1つ目は「日頃から何気ない事象を1つ1つ深く考察してみること」です。

あなたは何気ない日常の中で、一体どれくらい「思考」することができていますか?

「思考できていますかと言われても、抽象的すぎて何を言っているのか分からない」と思われる方が多いと思うので、具体例を1つ出しますね。

例えば、今タピオカミルクティーが原宿を中心に大ブームになっています。

そのような世間の声を聞いて、多くの人は「ふーん、そんなものが今流行っているんだ」で終わらせてしまいます。

それではダメです。

ここで一回「なぜ今タピオカミルクティーが流行っているんだ」と思考してみることです。

女子高生を中心に若い層が気軽に購入しやすい金額だから」「黒い丸い物体が浮かんでいるというビジュアルがウケたのか」「タピオカミルクティというよりも、TikTokで流行っているようなタピオカミルクティを作る際の店員のパフォーマンスが先行してバズったのか」などと色々考えられるはずです。

私も答えは知らないです。

正確な答えを導き出す必要はありませんし、調べる必要もありません。

しかし、「なぜだろう」と考えているこの時間が尊いのです。

このように深く思考することで、自分なりの気づきが必ずあるでしょう。

もしかしたら、「タピオカミルクティのブーム」と「かつてのスターバックスのブーム」の共通点に気がつくかもしれません。

それは「味よりもインスタ映えするような工夫が凝らされている商品であること」「単純にジュースを入れるだけではなく、若い人に受けるようなちょっとしたパフォーマンスを取り入れていること」などです。

その共通点を抽象化することによって、それが自分の意見としてそのままブログやTwitter、YouTubeで発信するネタとなったりします。

友達から「タピオカミルクティが流行っているらしいよ」という一言だけで、1つのネタができるのです。

究極的には、このような思考を繰り返していけば、今日あなたの目の前で起こる事象も全てネタの対象となり得ます。

同じことが世の中で起きていても、同じ24時間を過ごしていたとしても、見えている世界は人それぞれで全く異なります。

日頃から何も考えていない人が、急にパッといいネタが思いつくわけがないのです。

この1つの事象を深く考察し、その特徴を抽象化して他のものとの共通点を探し出す作業は、ネタになるという観点だけではなく、ビジネスにおいても非常に重要な考え方ものとなります。

つまり、先ほどのタピオカミルクティの話でいくと、若い層にウケる(バズる)商品というものは、❶「味よりもインスタ映えするような工夫が凝らされている商品であること」❷「単純にジュースを入れるだけではなく、ちょっとした若い人に受けるようなパフォーマンスを取り入れていること」の2つが重要であるという仮説を持ったとします。

そうすれば次あなたが会社やもしくは個人で、何か若い人向けに商品を出したいと思った時に、この2つの要素を取り入れればウケる可能性は飛躍的に高まります。

様々な観点で、「日頃から目の前で起きるものを深く思考(考察)してみる」という習慣は大事なのです。

積極的に一人の時間を作る

ブログやYouTube、Twitterなどでいいネタを投稿するために必要なことの2つ目は「積極的に一人の時間を作ること」です。

あなたは今の日常の中で、一人の時間をどれくらい確保できていますか?

なぜ一人の時間が重要であるかというと、ユーザーにウケる発信内容のほとんどは、「自分と向き合っているときに生まれるもの」や「自分が作業しているものを深く考察してみて生まれたもの」だからです。

確かに、友達や会社の同僚と一緒にいて勉強になったり、新しい気付きがあるかもしれませんが、そもそも世の中の大半の人は大した話や面白い話をしてくれる訳ではないので、その可能性は低いでしょう。

そして、もし勉強になったものや新しい気づきが得られたとしても、その内容は他のブログやSNSなどのユーザーにとってニーズがあるものではないことが多いです。

ブログやSNSのユーザーは「自分の困りごとを解決してくれる情報を求めています

そして、友達や会社の同僚からそのようなブログやSNSのユーザーが困っていることを解決する気付きは得られにくいということです。

一人の時間を作って、「一体ユーザーは何に困っているんだろう」「過去の自分が困った部分はどこだ」とピンポイントでユーザーが欲しい情報を考え抜くのです。

これは、先ほどの「1つの事象を徹底的に考察する」という部分にも繋がります。

つまり、複数人でわちゃわちゃと意味のないトークをしている暇があったら「一人の時間を作って」「ユーザーの困りごと」を「深く考えてみる

これが習慣化できるだけで、ネタに困ることはほとんどなくなります。

一人の時間といっても、部屋にこもって瞑想の時間を作らなければいけないということでは全然ないのです。

電車に乗っている時間

入浴している時間

気分転換に散歩している時間

自分はこれらの時間を使ったりして、考えるようにしています。

一人で思考に耽る時間があれば、いつでもどこでもいいのです。

そしてこれらは明日からできることです。

自分のライフスタイルを思い返してみて、一人でいる時間はいつどれくらいありますか?

あるのならしっかりその時間に考えるようにしましょう。

そしてないのなら、自分から一人になれる時間を捻出しましょう

何でもいいから行動しまくる

ブログやYouTube、Twitterなどでいいネタを投稿するために必要なことの3つ目は「何でもいいから行動しまくること」です。

これまでは、「何に対しても深く考えること」「一人の時間を作ること」の重要性を説明してきましたが、本記事の中で最も重要なことは、3つ目に紹介する「行動しまくる」ということです。

2つ目に説明した「ユーザーの困りごとを考える」という作業は、そもそも自分が同じような立場を経験したことがある、または今まさにしているという状態でないと答えは見つかるはずがありません

つまり先ほど紹介した2つ目に関しては、この「行動ありきのソリューションとなります。

ユーザーの困りごとを解消する情報を発信するためには、「ユーザーの困りごとを見つける」→「説得力がある解決方法を示す」という2ステップを踏む必要があります。

この2つは、実際に自分が行動していないとどちらも実現は不可能です。

かくいう自分は、本ブログやTwitterで「プログラミング」や「ブログ運営」「SNS運用」のことを毎日発信しています。

それができるのは、自分で行動して毎日作業をしているからこそユーザーが困っているポイントを発見することができ、なおかつ実際に解決したことがあるからこそ説得力のもった情報を発信できるのです。

プログラミングの学習手順は、実際に自分も取り組み、月に数十万円稼いだり、エンジニア転職を成功させているからこそ、説得力がある形で発信することができます。

Twitterのフォロワーの増やし方は、実際に自分が同じ手法で取り組み、フォロワーを2ヶ月で3,000人ほど伸ばしたからこそ、説得力がある形で発信することができます。

何か発信をしたいのなら、まずは自分が行動をすることです。

自分が行動して、それをユーザーに示さないと、発信内容なんて思いつくわけがありませんし、もし思いついたとしてもその情報はきっとユーザーにとって何の価値もない自己満足なものに終わることでしょう。

情報を発信するというのは簡単ではないのです。

大げさにいうと、行動する者だけに許された特権なのです。

別に焦らなくても大丈夫です。

今、自分がすべきことを紙やスマホに書き出してみましょう。

そして1つ1つ行動して、全力で取り組んでください。

誰かと比較しなくていい。

まとめ

ブログやYouTube、Twitterなどでユーザーにウケる情報を毎日当たり前のように発信していくことは簡単ではありません。

そんなことは当然で、簡単なことであれば誰でもかんでもインフルエンサーになれてしまいます。

重要なことは、「どのようにすればユーザーにウケる発信内容を思いつくことができるのかその方法を知ること」と「それを継続すること」です。

他の記事でも何度も触れていますが、成功するのに必要なことは「正しい努力の方法を知ること」とそれを「継続させること」の2つだけです。

そして、本記事ですでに「どのようにすればユーザーに受ける発信内容を思いつくことができるのか」という方法論について、私の知る全てを公開しました。

これを知ったあなたが次にするべきことは、今この瞬間からそれを行動に移し、継続することです。

もし「めんどくさいなあ」「自分にはちょっとできない」と思うのなら、申し訳ないですが、情報発信者に向いていないので、他の稼ぎ方を模索した方が合理的です。

人には向き・不向きがあります。

とりあえず食わず嫌いをせずに実行してみてください。

自分の向き・不向きを判断するのはいつだって「行動を起こした後」なのです。

最後にもう一度、結論をまとめておきます。

ブログやYouTube、Twitterのネタがどんどん溢れていくための秘訣
  • 普段から何気ない事象の一つ一つを深く考察する
  • 積極的に一人の時間を作る
  • 普段からなんでもいいので行動しまくる
YUKO
確かにこの2つは全然できていなかったです…。いきなりはできないかもしれないですが、明日から意識するようにします!
YUJI
習慣づいてしまえばそんなに難しいことではないですよ!とにかく初めはこの2つのことを意識しながら毎日過ごすことが大事です。