3ヶ月で月10万円稼ぐWebサイト制作の全学習手順

プログラミング

3ヶ月で月10万円稼ぐWebサイト制作の全学習手順

みなさん、こんにちは!YUJIです!

この度は、本記事にご興味を持っていただきありがとうございます。

本記事では、ただの社畜だった私の人生を変えた、プログラミングの学習手順を、余すところなく全て公開してきます^^

本記事は、これからプログラミングで副業を頑張りたいと思っている人にとって、「基礎の学習」から「案件を獲得するための営業方法」そして「案件を受注した際の仕事の流れや注意点までカバーした教科書的な存在になると確信しています。

気合いを入れすぎたあまり、60,000字を超えてしまいましたので、少しずつ読み進めることをオススメします!

返金保証付きなので「思っていたのと少し違った…。」となって、お金が無駄になることにはしません^^

本記事の目次は以下のようになっております。

目次

・はじめに
・【STEP0】プログラミング学習に必要なマインド
・【STEP1】HTML / CSSの基礎学習
・【STEP2】コーディング効率を上げる方法
・【STEP3】JavaScriptの基礎学習
・【STEP4】jQueryの基礎学習
・【STEP5】HTML / CSS / JavaScriptでWebサイトを自作 
・【STEP6】PHPとWordPressの基礎学習
・【STEP7】
WordPressのオリジナルテーマ作成
・【STEP8】
制作したサイトを公開する方法
・【STEP9】
営業文の作成
・【STEP10】
営業方法(+ 仕事の流れ + 受注後の大事なポイント)
・(番外編)さらに上を目指すために必要なスキル

また、本記事をご購入いただいた方へは特典として、以下の3つを無料でプレゼントさせていただきます!

〜特典〜

★ 私が営業活動や転職活動に使用したポートフォリオサイト
★ 実際に私がクライアントに送付する営業文

★ Twitterで感想をつけて本記事をシェアしていただければ、フォロワー1万人超の私のアカウントで拡散します(※ 2020年9月限定)

本記事は、プログラミングを勉強し、副収入を得て、生活を豊かにしたいと思っている人を全力でサポートすべく、1ヶ月間の期間をかけて執筆しました。

世の中には、数万円から十数万円ほどする教材やスクールもありますが、プログラミング学習およびプログラミングで副業するハードルを下げたいという想いから、格安で同等レベルの教科書をここに提供いたします

それでは、前置きはこの辺にして、さっそく本編に移っていきたいと思います!

本記事を読んでいただき、少しで役に立ったと思ったら、ぜひ「スキ」ボタンを押していただけると嬉しいです d(・ω・*)

(スキを押すと○○が飛び出します☆)

また、現在新作(エンジニア転職関連、YouTube戦略関連、超効率勉強関連)を新たに3つ準備中なので、ぜひフォローもお願いします!(^▽^)/

【予告】 本記事は9月中(9月12日と9月19日)に二段階、料金を引き上げる予定です(;/・・)/
画像52

はじめに

私は2019年の8月ごろからプログラミングの学習を始め、2020年4月にエンジニアに転職しましたが、それまでWeb制作の副業をよくやっていました。

本記事は、これまで数十件の案件をこなし、200万円以上をWeb制作で稼いできた経験や知識、ノウハウを全て詰め込んだWebサイト制作の完全ロードマップとなっています。

私は、本記事で紹介してあるような学習を行うことによって、間違いなく人生に大きな変化が生まれました

自分で稼げるようになったことから、会社への依存が一切なくなり、会社に縛られない自由な人生が見えるようになりました。

また、大きな副収入を得ることができるようになったおかげで、多少の贅沢もできるようになりました。

そして今では、エンジニアを本業として、かなり自由な働き方を実現することができています。

本記事に従い学習するだけで、数ヶ月〜半年後には、プログラミングだけで都内の家賃も払えてしまえるくらい稼ぐことは十分可能です。

これから本気でプログラミングで稼いでいきたいと思っている人は、ぜひ最後までご覧ください^^

世の中にある多くのプログラミングの学習ロードマップは、Web制作に必要なスキルを身に付ける手順だけしか記述されていないことが多く、スキルを身につけた後、結局どうすれば案件が取れるのかまでをサポートしているものは少ないです。

営業フェーズまでサポートしている教材やスクールはあるものの、調べていただければお分かりだと思いますが、いずれも少なくとも5万円以上かかるものばかりです。

(ここで名前を出してしまうと営業妨害っぽくなるので、あえて名前は伏せておきます笑)

スクールの場合は、10万円以上のお金が必要であることも珍しくはありません。

いずれも「数ヶ月後にはすぐに元が取れるから実質無料以上だ」のような宣伝文句を使いますが、正直Web制作の案件をとるくらいなら、そのような大金を出すまでもありません

そのような大金を出さなくても、本記事を読み込んでいただくだけで、十分に案件は獲得することができます。

なぜ私がプログラミングをオススメするのか

動画でもプログラミングを学ぶメリットについて解説しているので、動画の方がインプットしやすい方は、ぜひご覧ください^^

 

理由①:圧倒的にコスパがいいから

プログラミングをオススメする理由の一つ目が、圧倒的にコスパがいいからです。

プログラミングで稼げるようになるまでの学習時間の目安は、だいたい500時間くらいです。

これは毎日5時間勉強したとしたら、3ヶ月ちょっとで達成できます。

また半年かけるなら、毎日の勉強時間は2.5〜3時間ほどです。

アフィリエイトやYouTubeは、半年の時間をかけたとしても1円も稼げないか、センスがあって稼げたとしても数万円ほどでしょう。

それらと比べると、どれだけ遅くても半年かければ(早ければ数ヶ月で)、月に10〜20万円稼ぐことができるプログラミングがいかにおいしいかがお分かりでしょう。

理由②:安定的に高収入が得られるから

プログラミングをオススメする理由の二つ目は、安定的に大きな収入を得ることができるからです。

アフィリエイトやYouTubeはGoogleのプラットフォーム上で稼ぐことになるので、アルゴリズムの改変などにより、ずっと安定的に稼げるなんてことはありません。

せっかく頑張って書いた記事が急に検索順位を落とされて、収益が一気にゼロになってしまったなんてことは日常茶飯事です。

一方で、プログラミングの場合はみなさんご存知、需給のバランスが崩れており、供給が需要に追いついてないのが現状です。

そのため、案件数が豊富にあるので、自分で積極的に営業をかけている限り、収益は安定して得ることができます

しかも、一案件あたり10〜20万円ほどの単価で。

さらに実績を積んでいけば、近い将来20〜30万円の案件だって獲得することはできます。

プラットフォームへの依存がなく、なおかつ需要に対して供給が追いついてない状況が合わさって、プログラミングは安定的に高収入を得ることができます。

理由③:人生の選択肢が一気に広がるから

プログラミングをオススメする理由の3つ目は、人生の選択肢が一気に広がるからです。

例えば、副業でWeb制作案件をこなすことができれば、スキル的にWeb制作会社への就職は簡単です。

エンジニアを本業としてしまえば、本業で大きくスキルアップできる分、副業として行なっている案件をより効率的にこなすことができます。

実際に、Web制作会社で働きながら、本業で培ったスキルを活かして、副業でWeb制作案件を行なっている人はかなりいます。

また、転職先として、Web制作会社だけでなく、自社開発企業や受託開発企業など、より本格的なWebアプリケーションを開発する会社もあります。

このような会社にエンジニアとして転職し、1年以上実務経験を積んで独立すれば、月単価50〜100万円のフリーランスになることができます

実際にフリーランスエンジニアの多くが登録しているレバテックフリーランスを利用している人の平均年収は862万円です。

【平均年収862万】レバテックフリーランスの評判・案件・単価例を取材

 

このように、プログラミングスキルを身につけてしまえば、個人の市場価値を圧倒的にあげることができ、会社に縛られない働き方も数年以内に可能となります。

また、会社に縛られない働き方が可能になれば、働く場所や時間が全て自由になります。

ずっと在宅ワークをして満員電車とは縁がない人もいれば、世界中を旅しながら働いている人もいます。

以上のように、副業としてプログラミングを行うことは、金銭的なメリットがある上に、人生の選択肢を広げてくれる強力な武器になります。

理由④:今後の超IT時代においてソフトウェアの知識はあって当たり前だから

プログラミングをオススメする4つ目の理由は、今後の超IT時代においてソフトウェアの知識はあって当たり前だからです。

皆さんもご存知の通り、2020年から5Gが始動し始め、2022年ごろには本格的にあらゆる分野に5G技術が導入されていくことでしょう。

そして、5Gの多数同時接続という特徴の中にはIoT(Internet of Things)というものがあり、あらゆるモノがインターネットと繋がる時代となります。

つまり、世の中に存在しているもので、ソフトウェアと関係を持たないものがほとんどなくなるということです。

5Gだけでなく、大きな人工知能の波も押し寄せています。

このように、世界がソフトウェアによって支配される中、ソフトウェアのことを理解し、ソフトウェアを作ることができる知識は、何ものにも勝る強力な武器となります。

これからの超IT時代において、プログラミングのことを理解していないことは、戦国時代において剣の振り方を知らないのと同じくらいに危険です。

現在ではすでに小中学校でも、当たり前のようにプログラミングの教育が始まっており、彼らが大人になる頃、つまり5〜10年後あたりには、若者のほぼ全員がプログラミングの知識を持っていることになります。

会社の中で、エクセルをまともに使えない窓際族をバカにしている人たちも、5〜10年後には、若者からプログラミングが使えないことをバカにされ、窓際族扱いされることでしょう。

仕事をする上でエクセルやWordが使えて当たり前のように、5〜10年後には、それと同じようにプログラミングが使えて当たり前の世界となります。

まだ時間はあります。

今からでもプログラミングは勉強しておく必要があることは、誰も異論がないことでしょう。

ここまでが、私が副業としてプログラミングをオススメする理由です。

ここから、さっそく本格的にプログラミングで月10〜20万円稼ぐための学習ロードマップに入っていきます。

学習ロードマップは、ステップ0からステップ10で構成されています。

学習するべき内容を超具体的にするために細分化した結果、最終的に11個のステップとなりました。

プログラミング学習に必要なマインド」から始まり、最終的には「具体的な営業方法・テクニック」にまで踏み込んでいきます。

さらに「受注した後の仕事の流れ」や「受注した後に押さえておくべきポイント」など、ゼロから最後までカバーしました。

それでは、みなさんの明るい自由な未来のために一緒に頑張っていきましょう!o(^▽^)o

続きは、ぜひ以下のnoteからご覧ください!