【プログラミングスクール】TechAcademyはどのコースを受講すべき?

プログラミング
YUKO
TechAcademyを受講しようと思って受けど、どのコースを受講すればいいかわからない…。YUJIさん助けて!
YUJI
そんなYUKOさんのために、過去にTechAcademyを8コース受講した経験から、目的別に、自分がオススメするコースを紹介していきますね!
本記事が想定するターゲット読者
TechAcademyで受講すべきコースがわからない人
本記事を読んで分かること
目的別にどのコースを受講すべきかがわかります

TechAcademyはどのコースを受講すべき?

TechAcademyとは、キラメックス株式会社が運営するオンライン型プログラミングスクールであり、TECH:EXPERTと並んで、最も有名なプログラミングスクールの1つです。

基本的には、用意されたカリキュラムを自分のパソコンでこなしていき、分からないことがあれば、15:00〜23:00までの時間帯であればSlackで質問できます。

加えて、週に一回メンターとの30分ほどのSkype面談があり、直接分からないことを質問できたり、その他の相談をすることもできます。

(面談は任意であり、不必要であればスキップすることができます。)

料金体系をみていただければわかると思いますが、社会人でも結構お得な値段で受講でき、学生はさらにお得なお値段で受講できるようになっています。

TechAcademyは「完全オンライン」「スクールの中では安い」という二つの特徴を持っているので、忙しい社会人にはうってつけかもしれないですね。

自分もこの二つの理由から選びました。

自分の場合は、フロントエンド、Webアプリケーション、PHP/Laravel、Webデザイン、Wordpress、Python、AI、データサイエンティストの8コースを受講しました。

日本でTechAcademyを8コースも受講した人って自分だけなんじゃないかと思っていますが、どうですかね(笑)。

だからこそ、それぞれのコースの内容については、キラメックスの社員くらい詳しいので、その知識と経験を生かして、TechAcademyはどのコースを受講すればいいのかということを、正確に比較しながら回答することができます

おそらくここまでくると、自分と社員にしかできないことです。

皆さん、TechAcademyを受講しようと思った時、フロントをやりたい人は、フロントエンドコースをやるべきか、Wordpressコースをやるべきなのか、Webデザインコースをやるべきなのか迷いますよね?

そしてサーバーサイドをやりたいと思った時は、Webアプリケーションコースを受講すべきなのか、PHP/Laravelコースを受講すべきなのか迷うはずです。

自分も迷いました。

ネットにも「このコースを受けるべき!」という情報はそれほど落ちていないです。

なぜならば、複数のコースを受講し、なおかつ発信活動をしている人は、かなりレアだからです。

一方で自分の場合は、8コースも受講してるので、「○○の目的を持っている人はこのコースが一番だな」と、全てのコースの中身を実際に体験したからこそ、根拠と自信を持って答えることができます

それではここから本題である、TechAcademyを受講するなら、どのコースを受講するべきかを、目的別に解説していきます。

目的としては、

  • 副業で稼ぎたい人
  • フロントエンドエンジニアで転職したい人
  • サーバーサイドエンジニアで転職したい人

の3つに分けて話していきます。

機械学習関連のコースについてはまた別の記事で解説していますのでそちらをご覧ください!

TechAcademyのPythonコース・AIコース・データサイエンスコースの違い

2019年12月31日

副業で稼ぎたい人

プログラミングで副業すると一口で言っても、案件の種類は山ほどあります。

単純なLP制作からコーポレートサイト制作、ECサイト制作、WordPress移行・カスタマイズなどです。

そして当然、RubyやPHPを使ったサーバーサイドの案件もあれば、Pythonを使った機械学習やデータ分析の案件もあります。

これらの中でも、プログラミング初学者の方が副業で稼ぐには、フロントエンドエンジニアを目指すのが最もコスパが高いです。

副業で稼ぐフロントエンドエンジニアとは、「HTML」「CSS」「JavaScript」「JQuery」「Bootstrap」「Wordpress」を用いて、LP制作・コーポレートサイト制作などを行う簡易的なエンジニアです。

それに加えて、フロントエンドの案件は、クラウドソーシングを実際に見ていただければわかりますが、とにかく案件数が豊富です。

にも関わらず、フロントエンドエンジニアがWeb制作会社を中心に不足していて供給が需要に追いついていない状態です。

そのため、他の副業と比べると単価は高めになっています。

簡単なLP制作で5万円、Wordpress移行するだけで20万円超えることもざらにあります。

そしてこのようなフロントエンドの案件を最短で獲得しようとした場合、個人的にTechAcademyの『フロントエンドコース』を断然おすすめします。

副業で稼いでいくにあたり必須スキルである「HTML」「CSS」「JavaScript」「JQuery」「Bootstrap」「デベロッパーツール」などを全て学べるのはTechAcademyのコースの中でフロントエンドコースだけです。

これがフロントエンドコースを勧める理由です。

このことは、他の「Webアプリケーションコース」や「WordPressコース」「PHP/Laravelコース」「Webデザインコース」などを受講してみて、実際に比較した結果、断言できることです。

さらにフロントエンドコースでは、「Web API」や「FirebaseなどのBaaS(Backend as a Service)」「Vue.js」も学べてしまうお得ぶりです。

それでは、逆に他のコースがなぜダメなのかを説明します。

Webアプリケーション

「Webアプリケーションコース」はカリキュラムの前半にフロントエンド言語を学び、後半にRubyとそのフレームワークであるRuby on Railsを学んでいきます。

自分はこのコースを実際に受講した結果、Railsを使用した本格的なWebアプリケーションを2週間ほどで制作できるようになり、大変有意義なコースだと言えます。

ただ、このコースではあくまでサーバーサイド言語のRubyやそのフレームワークであるRuby on Railsを学習することに主眼をおいているため、フロントエンド側で必須である「JavaScript」や「JQuery」が学べません。

TechAcademyのHPには、カリキュラムにフロントエンド言語も含まれており、サーバーサイド言語と合わせて総合的にしっかり学べると思いがちですが、JavaScriptが学べないのは致命的です。

JavaScriptを用いない案件もありますが、低単価である上に、ライバルが非常に多い領域にもなります。

そのため、JavaScriptは必須であると考えてください。

一方、プログラミング初学者がいきなりRubyを用いてサーバーサイド側で副業ができるかというと正直困難であるため、Webアプリケーションを受講してRubyをがっつり学ぶ意味ないです。

PHP/Laravelコース

このコースもWebアプリケーションコースと同様です。

このコースの内容はWebアプリケーションと90%同じで、何が違うかというと、RubyがPHPに、Ruby on RailsがLaravelに置き換わるだけです。

なので、PHP/LaravelコースもWebアプリケーションと同様、副業で稼ぐという観点からはお勧めしません。

WordPressコース

WordPressコースも、フロントエンド側で学べるのはHTMLとCSSのみで、BootstrapやJavaScript、JQueryを学ぶことはできないからです。

このコースでは、その名の通りWordpressに主眼を置いており、HTMLとCSSを使って簡単にコーディングしたサイトを、Wordpress移行する手順を学ぶことができます。

ただ、メインはあくまでWordpressであるため、フロントエンド言語をがっつり学べるカリキュラムにはなっていません。

また、そもそもWordPressはかなり簡単で独学可能であり、TechAcademyなどのプログラミングスクールで学ぶほどではないです。

副業をしたい方またはWeb制作会社に就職したい方で、WordPressを独学するのであれば、Udemyドットインストールが安くてオススメです。

Webデザインコース

Webデザインコースで学べる内容は、デザインやPhotoshop(Adobeのソフト)が中心となっており、やはり肝心のBootstrapやJavaScript、JQueryが学べないからです。

また、このコースのメインで学べるデザインとは、例えば「サイトのターゲットや扱う商品ごとの効果的なサイトの色使い」や「ユーザーが使いやすいような各要素の配置」などであり、これは実践を重ねていく中で自然に学べるものが多いと感じました。

そのため、わざわざ他のコースと同じ金額を出してまで受講するコースではないと考えています。

フロントエンドコースを受講し、オリジナル作品を作っていく中で、自分なりにデザインも意識することで十分カバーできる内容です。

自分は定額制受け放題の中でこのWebデザインコースを受講したんですが、8コースの中で一番内容が薄くて、このコースを選んだことをちょっと後悔しました。

TechAcademyを受講しようと思っている人で、これからプログラミングをゼロから学習して副業で稼ごうと思っている人には「フロントエンドコース」が断トツでオススメです。

というよりも、それ以外の選択肢はありません。

実際に案件を獲得して稼いでいる経験と、TechAcademyの講座を8コースを受講した経験から断言できます

また、本記事の中でわからないことなどがあったら、TwitterでもYouTubeでもなんでもいいのでどしどし質問してください。

フロントエンドエンジニアとして転職したい人

フロントエンドエンジニアとして転職したい人も、フロントエンドコースをお勧めします。

なぜフロントエンドコースかというと、さっきの副業したい人で言ったこととほとんど同じです。

職場で必要となる「HTML」「CSS」「JavaScript」「JQuery」「Bootstrap」「デベロッパーツール」「Web API」や「FirebaseなどのBaaS(Backend as a Service)」「Vue.js」をがっつり学べるのはこのコースだけだからです。

WordPressコースではない理由は、Web制作会社なら別ですが、自社開発とか受託開発をする会社ならWordpressは使わないので、勉強する必要がないからです。

Webデザインコースはさっきも言った通り、このコース内で学べるデザインやPhotoshopは全然独学できる上に、JavaScriptが学べないのが致命的ですね

TechAcademyのフロントエンドコースを受講して、自分でポートフォリオサイトを二つ作れば、十分転職活動始められるし、転職後もすぐにキャッチアップできるレベルになれます。

サーバーサイドエンジニアとして転職したい

サーバーサイドエンジニアとして転職したい人はWebアプリケーションでいいです。

このコース以外は検討しなくて大丈夫です。

このコースでは、HTML、CSS、Bootstrapなどを軽く勉強した後に、RubyとRuby on Railsの学習に移ります。

「Rubyとは何か」から始まって「変数」「簡単な四則演算」「条件分岐」「繰り返し(ループ)」「メソッド」の勉強をします。

そしてそれが終わったら「オブジェクト指向プログラミングとは」「クラスとインスタンスとは」「継承」「多態性」「名前空間」などを学んでいきます。

一通り基礎の学習が終わったら、「ログイン機能」「メッセージの投稿機能」を実装したメッセージボードを作成します。

カリキュラムの最後に、ラスボス「Twitterクローンの制作」が登場します。

「ログイン機能」「メッセージ投稿機能」「ユーザー登録機能」「フォロー機能」「お気に入り機能」などを実装して終わりです。

このTechAcademyのWebアプリケーションコースを受講することで、一人で本格的なWebアプリケーションを制作することができるようになります

さらに、Git/GitHubやHerokuもカリキュラムに含まれており、Webアプリケーションをゼロから公開までの過程を全てカバーしています。

HTML、CSSでコーディングした静的なサイトをベースに、Ruby on Railsでサーバーサイド機能を追加し、HerokuにPUSHし公開するまでの流れを理解できるため、「○○なサービスを作りたいな」と思ったらすぐに作り始められるます。

TechAcademyで学んだことを生かして、自分のサービスをいくつか作成し、それをポートフォリオにして、転職活動で自信を持って提示できるでしょう。

ここで「PHP/Laravelコースはどうなんですか?」という質問が聞こえてきますが、別にPHP/Laravelコースでも構わないです。

ただ、あくまで目的は転職なので、重要なのは言語でなく、いかに早くサーバーサイドの知識を固めてポートフォリオサイトを作れるかが重要だということです。

そうなった場合、PHPとかLaravelよりもRubyRailsの方が、ネット上に情報が多かったりとか、他のオンライン学習サービスでも確実に学べるので、困った時に便利かなという理由があるので、Webアプリケーションコースの方をお勧めします。

とは言ってもPHP/Laravelの方も致命的に情報が少ないとか他のオンライン学習サービスが扱っていないとかではないので、どうしてもPHP/Laravelを勉強したいとか、自分が目指している会社がPHPを使っているという方は、PHP/Laravelコースを選択しましょう。

RubyとPHP、特段こだわりがないとか、どの会社に入りたいかまだ決まっていないという人は、Webアプリケーションを選んでください。

終わりに

ここまでの話をまとめると、副業で稼ぎたい人、フロントエンドエンジニアとして転職したい人は「フロントエンドコース」、サーバーサイドエンジニアとして転職したい人は「Webアプリケーションコース」を受講するべき、という結論でした。

今回はWeb系言語のことしか言及していませんが、これが自分が8コース受講して肌身に感じた見解です。

実際、Web系言語に関しては、TechAcademy側もこの「フロントエンドコース」と「Webアプリケーション」に一番力を入れているなと感じました。

実際に全部受けてみないとわからないことですけど、この2コースだけ情報量とクオリティが他のコースと比べてもかなり高かったです。

なので、フロント側で仕事がしたいのか、サーバー側で仕事がしたいのかによって、フロントエンドコースかWebアプリケーションコースのどちらかを選択しておけば損することはないと思います。

10〜15万円ほどの投資なんて安すぎるくらいです。

副業でもすれば、数ヶ月で投資した以上のリターンが得られます

そして、エンジニアに転職した場合、1年間実務経験を積んで独立すれば、月単価50〜80万円が普通の世界の仲間入りできるわけです。

迷う理由なんて1mmもありません。

今すぐこの動画を閉じたらすぐ動き出しましょう!

TechAcademyで選択すべきコース
  • 副業をしたい人:フロントエンドコース
  • フロントエンドエンジニアとして転職したい人:フロントエンドコース
  • サーバーサイドエンジニアとして転職したい人:Webアプリケーションコース(PHP/Laravelコースでも可)
YUKO
TechAcademyでどんな目的を持っている人が、どのコースを選べばいいのかがはっきりとわかりました!早速行動します!!
YUJI
8コースは流石に自分でも受講しすぎたなと思ったのですが、それくらいカリキュラムが充実していて楽しかったということですね。ちなみに本記事はステマでもなんでもありませんよ(笑)
今回もブログをお読みいただきありがとうございます😎  以下のLINE公式では、LINE限定の動画コンテンツやコラム、みなさん一人ひとりにパーソナライズした情報などを配信していますので、ぜひ友だち追加お願いします^^(追加していただいた方だけに配布する限定動画もございます🎁
友だち追加