【受験生必見】京都大学のホワイト学部TOP3

YUKO
京大を目指しているんだけど、やっぱりブラックすぎる学部には入りたくないな…。
YUJI
今日はそんなYUKOさんのために、京大でブラックだと思う学部TOP3を発表していきますね^^
本記事が想定するターゲット読者
京都大学に興味がある人
本記事を読んで分かること
京都大学のブラックな学部TOP3がわかります

京都大学のブラックな学部TOP3

本日は、実際に自分が学部と大学院合わせて6年間通った京都大学のブラックな学部TOP3を、独断と偏見で発表していきます。

今回の順位の根拠は、自分の経験、友達から聞いた話を参考にしているだけであり、実際に勉強時間やテストの量などの詳細なデータをとった結果ではありません。

あくまで完全に感覚的に順位をつけてみました。

かつての自分のそうでしたが、受験生は大学入学がゴールになっている人が多く、入学してからどんな生活が待っているのかということをちゃんと調べない人が多いです。

受験生が考えることは、たいてい「就職に有利そうだから○○学部」「やりたいことが特にないから、就職先が広そうな○○学部」のようなことです。

自分も単純に「就職に有利そう」という短絡的な思考で、電気電子工学科を選択しました。

どうしても、学びたい学問があって学部を選ぶならいいですが、そうではない場合は、ちゃんと入学後の生活も考慮して、学部を選択するべきです。

正直、京都大学の場合は、どの学部に入学しようとも就職率がいいのは間違い無いので、「就職の有利不利」で学部を選択するのは間違っています。

確かに京都大学内だけで考えると、相対的に就職に強い学部、弱い学部はありますが、日本全国規模で考えると、京都大学はNo.2の大学な訳ですから、京都大学に在籍している時点で、就職は有利です。

就職面はあまり考えなくてもよいとすると、何を考慮して学部を選択するべきか。

それは、特に学びたい学問が無い場合は、いかに楽に卒業できるかどうかでしょう。

実際、医療界や法曹界を除けば、今の大学進学者のうち、明確に勉強したい学問が決まって入学する人は少ないです。

理系ならとりあえず工学部に入っておく。

文系ならとりあえず経済学部に入っておく。

このような人が多いです。

おそらくこの人たちは、工学部の物理工学科に入って、熱力学を極めたいんだとか、経済学部に入って、金融経済学を極めたいんだと考えている人はほとんどいないでしょう。

みんななんとなく入学します。

どうせ学びたいものがないのなら、一番楽な学部に入っておいて、自由時間に好きなことをやる方が有意義な大学生活になります。

欧米は入学は比較的簡単だが、卒業が難しい一方で、日本は幸いその逆で、入学は難しいが、卒業はかなり簡単にできます。

そのため、いくら本気で勉強をしなくても、よほど単位を落としまくらない限りは、絶対に卒業することができるヌルゲーです。

しかも、日本の就職活動は、いまだに学歴を重視してくれるので、大学でいくら勉強していなかったとしても、大学名の肩書きだけで就活は楽々突破することができます。

そうなると、大学で真面目に勉強する意味がわからなくなってきます。

いかに楽に卒業できる学部に入学して、自分の時間を作り、インターンに参加したり、旅をしたり、ビジネスをしたりして、社会に出る前に経験値が積めるかが重要になっていきます。

大学生生活でやっておくべきことについては、以下の記事を参考にしていただければと思います。

大学時代を無駄遣いにするな!お金持ちになりたい人が大学時代に本当にやっておくべきこと4選

2020年2月14日

そこで、今回は私の独断と偏見で、京都大学の中のブラックな学部TOP3を発表してきます。

今回は、京都大学についてのランキングになりますが、そのほかの大学でもおよそ同じことが言えるので、大学名にとらわれ過ぎず、参考にしていただければと思います。

また、学部といっても学部の中でもブラックな学部と楽な学部があったりなどして、一概に学部で一括りに評価できないので、学科単位でランキングを作りました。

また、各順位で複数個の学科が並んでいる場合は、だいたい同じくらいのレベルだと思ってください。

ブラックな学部第1位:医学科・薬学部

京都大学でブラックな学部の第一位は、医学科・薬学科です。

まずこれらの学科は、6年制という時点で一番ブラックです。

6年間も講義やテストを受け続けるのは、それだけで他の学部学科をひきつけないほどのブラックさがあります。

勉強する内容が簡単であれば、6年間であろうとも特に気にならないと思いますが、皆さんご存知、医療系の学部の勉強内容はとにかく覚えることが多くて、一筋縄にはいきません。

例えば、薬学科の場合、高校で習ったような有機化学や無機化学のような知識よりも、何十倍も複雑な化学式だったり、構造式を頭に入れないといけない。

医学科の場合は、生理学、病理学、解剖学と大量のインプットをしなければいけない。

しかも、5〜6年次になると、臨床実習が始まり、朝早くから夜遅くまでずっと臨床実習をしなければいけないなんてこともあります。

これらを乗り越えたと思えば、最終的に国家試験が待っています。

これだけでもいかにこれらの学部が忙しいかがお分かりだと思います。

これらのことを知った上で、医者や薬剤師を目指したいというのであれば、進学すればいいと思いますが、これだけ勉強したとしても、決して将来が約束される職業ではないことは理解しておくべきです。

最近話題になったのは、アメリカのIBM社が開発したAI、ワトソンが2000万件以上の論文を読み込み、ベテランの医者でも診断が難しいと言われる、白血病患者の医療診断をたった10秒で完了させました。

AIによるオンラインの診断もどんどんと導入されています。

これだけ頑張って勉強をしても、将来的に全てではないにしてもAIに代替されうる分野であることを理解して、進学するようにしましょう。

ブラックな学部第2位:情報学科・電気電子工学科・工業化学科

 

ブラックな学部第3位:法学部

 

楽な学部第1位:経済学部

 

楽な学部第2位:総合人間学部

 

楽な学部第3位:農学部(応用生命以外)

 

最後に

 

XXX
  • XXXXXXXXX
  • XXXXXXXXX
  • XXXXXXXXX
YUKO
XXX
YUJI
XXX
今回もブログをお読みいただきありがとうございます😎  以下のLINE公式では、LINE限定の動画コンテンツやコラム、みなさん一人ひとりにパーソナライズした情報などを配信していますので、ぜひ友だち追加お願いします^^
追加していただいた方だけに配布する限定動画もございます🎁
友だち追加