【必見】令和初期における超ローコスト超ハイリターンな働き方を提案します

キャリア論
YUKO
超ローリスク、超ハイリターンって言い過ぎなんじゃないですか…?
YUJI
あながちそうでもありませんよ。今まさに自分が実践していることで、行動力さえあれば全然可能な方法です。
本記事が想定するターゲット読者
私が実践する全くリスクを取らずにハイリターンが見込める働き方に興味がある人
本記事を読んで分かること
令和時代に最適な超ローリスク超ハイリターンな働き方が分かります。

結論

本記事の結論

以下の2つの行動を組み合わせて、ひたすら継続することです。

  • エンジニアとして働き、仕事中にプログラミングスキルを磨いておくことで、一生職を失わない状態にする(安定した労働収入資産
  • ブログYouTubeを育てる(青天井を狙えるデジタル資産

令和初期における超ローリスク超ハイリターンな働き方

私が考える令和初期における「超ローリスク超ハイリターンな働き方」は、一言でいうと、エンジニアとして安定的な収入を得つつ、ブログやYouTubeで青天井に伸びる収入を狙う

たったこれだけです。

なぜ、この2つの組み合わせなのかを1つずつ説明していきます。

エンジニアとして働き、安定した労働収入を高単価で得る

超ローリスク超ハイリターンを謳っている以上、エンジニアという職業によって得られるリターンと、それに伴うリスクの両観点を説明します。

エンジニアで得られるリターン

エンジニアを中心としたIT人材は2020年に30万人以上不足すると推定されており、今後、需要と供給のバランスが崩れる職業の1つです。

そのため、2〜3年の実務経験を積めば、かなり高い市場価値をもつ人材に誰でもなれます。

フリーランスエンジニアになれば、月50万〜月100万円をもらえることは結構普通です。

また、実務経験年数が長くなればなるほど、いうまでもなくエンジニアとしての市場価値は高くなっていきます。

そのため、その意味では毎日会社の時間を利用してプログラミングのスキルを学ぶということは、自分の中にスキル資産を蓄積しているのと同じです。

お金のためだけに働いてはいけない。必ず、自分の資産となる仕事に従事する。これは資産形成の鉄則です。

これからのことを考えると、平日の8時間という貴重な時間を、誰でもできる事務仕事ではなく、エンジニアとしてプログラミングスキルを磨くことに使うことが最適解の1つでしょう。

スキル資産を毎日蓄積することができ、なおかつ今後ますます「高単価」で「引く手数多(安定)」となることが、私が数多ある職業の中から特にエンジニアを主戦場とすべしと推す理由です。

以上の理由から、エンジニアという職業は間違いなく、他の職業と比べてハイリターンと言えるでしょう。

プログラミング学習やエンジニア転職に関する記事を、別にまとめていますのでぜひご覧ください。

【保存版】プログラミングで稼ぐまでの具体的な手順

2019年12月22日

【エンジニア転職】未経験の私が3週間でWeb系自社開発企業2社から内定を勝ち取った転職活動戦略

2019年12月22日

【エンジニア転職】実務未経験の私が面接でよく質問されたこと7選

2019年12月29日

エンジニアに伴うリスク

エンジニアとしてのリスクはほとんど無いに等しいでしょう。

正社員エンジニアとして働いていれば、スキル資産を蓄積しながら安定的に労働収入が得られるでしょう。

また、フリーランスエンジニアとして働いた場合でも、数年間正社員エンジニアとして実務経験を積んでいれば、需要供給のバランスの崩れから、仕事がないなんてことは起こらないでしょう。

つまり繰り返しになりますが、エンジニアという職業にほとんどリスクはないと言えます。

いかにエンジニアという職業がコスパが良いかは、別の記事にもまとめていますので、ぜひご覧ください。

【年収のコスパ最強】エンジニアにならない理由がない話

2019年12月25日

ブログやYouTubeを育てて、青天井な広告収入を狙う

先ほどと同様、ブログやYouTubeについても、リターンとリスクの両観点について、説明していきます。

ブログやYouTubeによるリターン

先ほど述べたように、平日の8時間の仕事はプログラミングという強力なスキル資産を積み重ねていきます。

正直、これだけでも十分なのですが、やはり労働収入だけでは得られるリターンは年収1000万円程度で頭打ちになってしまいます。

そのため、ブログYouTubeなどのアフィリエイト収入広告収入も組み合わせることで、収入は月に100万円でも1000万円でも稼げる可能性をもつことができます。

ブログの記事やYouTubeの動画は、一度投稿してしまえばオンライン上で24時間あなたのために働き続けてくれます。

そして、このブログ記事やYouTubeの動画は、全世界の人がアクセスすることができ、まさにネットという大海をフル活用した最も効率の良い稼ぎ方です。

これらにより、会社での労働収入では決して到達することができない、大金を生み出してくれる金のなる木となり得ます。

ブログやYouTubeに伴うリスク

ブログやYouTubeに伴うリスクはほとんどありません。

なぜなら、ネット上で完結するため在庫をもつリスクもなく、なおかつこれらを始めるための初期投資もほとんどかからないからです。

ブログに関しては、サーバー代やドメイン代で年間に1万円ちょっとかかるくらいです。

そして、YouTubeは三脚や照明、カメラなどの機材や動画編集ソフトを考えても、数万円で全て揃うでしょう(少し機材を贅沢する場合は10万円ほど)

1つ弱点があるとすれば、「しっかり研究して勉強しないと稼げるようにはならないこと」「稼ぐまでに時間がかかること(最短でも6ヶ月ほど)」です。

ただ、これはしっかり勉強して、辛抱強く継続すれば解決することなので、ほとんど弱点とも言えないでしょう。

つまり、繰り返しになりますが、ブログやYouTubeにはほとんどリスクはないと言えるでしょう。

エンジニアとブログ・YouTubeの補完関係が最強

本業のエンジニアは、安定的に稼げるというメリットがある代わりに収入が青天井には見込めないデメリットがあります

また、ブログやYouTubeは、青天井に稼げる可能性があるというメリットがある代わりに稼げるまでに時間がかかるというデメリットがあります。

そこでこの両者を組み合わせて同時並行で行うことで、見事にお互いの弱点を補完できるのがわかるでしょう。

つまり、エンジニアとしては収入が青天井に狙えないのならブログやYouTubeにその役割を託す。そして、ブログやYouTubeでなかなか稼げない期間はエンジニアとしてしっかりスキル資産を蓄積しつつ安定的に労働収入を得る

このエンジニアとブログ・YouTubeの両者には特に目立ったリスクがないわけですから、この組み合わせで超ローリスク超ハイリターンが完成します。

実は、インフルエンサー達はこの働き方をしている人が多いです。

そのため、彼らは青天井で稼げているわけです。(なお、彼らの場合はブログやYouTubeが軌道に乗っているため、本業をやめているパターンが多いですね。)

まとめ

最後にもう一度、結論をまとめておきます。

本記事の結論

以下の2つの行動を組み合わせて、ひたすら継続することです。

  • エンジニアとして働き、仕事中にプログラミングスキルを磨いておくことで、一生職を失わない状態にする(安定した労働収入資産
  • ブログYouTubeを育てる(青天井を狙えるyデジタル資産

今回の内容については以下の動画でも解説しているので、ぜひご覧ください^^

YUKO
確かに行動力はかなり求められるけど、納得はしました!自分も参考にして頑張ります!
YUJI
自分は令和初期は、この最強の稼ぎ方を体現すべく行動を起こし続けていきます。
今回もブログをお読みいただきありがとうございます😎  以下のLINE公式では、LINE限定の動画コンテンツやコラム、みなさん一人ひとりにパーソナライズした情報などを配信していますので、ぜひ友だち追加お願いします^^(追加していただいた方だけに配布する限定動画もございます🎁
友だち追加