【一生貧乏?!】中途半端な会社で働く高学歴が一番不幸説

本記事が想定するターゲット読者
会社員として薄給で働いている高学歴
本記事を読んで分かること
中途半端な会社で働く高学歴が一番不幸である理由がわかります

中途半端な会社で働く高学歴が一番不幸説

今回は、中途半端な会社で働く高学歴が一番不幸なんじゃないかという持論を勝手に話していきます。

自分は京大、京大の院という風に、割と一般的には高学歴と言われる道を歩いてきているので、高学歴の友達とか知り合いはかなり多いです。

小中高の友達を除けば、ほぼ全員、東大、京大、早稲田、慶應、阪大、神戸大学の人たちが多いですね。

そういう高学歴の自分の友達を観察していて、いつも勿体無いな〜と思いながら見ていたりします。

頭もいいし、仕事ができるのに、月30〜50万円くらいで働いている人が大半なんですよね。

それだけ立派な大学を出て、社会人になって3年も経つのに、まだそれだけの収入しかないわけです。

会社の経営者からすると、優秀な人材をこれだけ格安で雇えるのは美味しいことでしかないわけですが、格安で使われる側になっているのは問題です。

別にディスってるわけじゃないです。自分は本当にもったいないからこういうことを言っているわけです。

今なんとなく思考停止で会社で働くのをやめて、自分の動画を見て行動するだけで、残りの60、70年ある人生が丸ごと変わるわけですよ。

一年ちょっと頑張るだけで60年、70年分の大変化が起きるなら、行動させるために自分はちょっと強く当たってでもこれからも言っていきます。

もし会社員をやっていると言っても、外資系のコンサルティングファーム、投資銀行、P&Gのような高給で、その後の人生が約束されているような強力な肩書きを得られるような会社に勤めてるんだったら、むしろその会社でちゃんと働いて、その後、独立したり、ベンチャー企業の役員クラスになったりと、順当にキャリアを歩んで欲しいと思っています。

ただ、大半の高学歴たちは、今言ったような会社ではなくて、新入社員は手取り25万円くらいしかもらえないような、その辺の日系大手企業に勤めている人が大半な訳です。

動画のタイトルにありますが、そういう日系大手企業に勤めているような高学歴が一番自分は不幸だと思っているんですね。

さっき話したような外資系のエリート企業に勤めてるんだったら良いですが、そうじゃない場合は、めちゃくちゃ薄給で働くことになりますよね。

東大だろうが、京大だろうがそんなの関係なく、底辺大学出身の人と同じ給料をもらうことになります。

それが入社してから3〜5年の間は、手取り25〜30万円が良いところです。

あの天下のトヨタでさえも、初めの三年間は25万円だと友達が言っていました。

事実として独立した方が絶対に稼げるようになるのに、でも彼らはそれができないわけです。

それは中途半端に世間的に名のある企業に所属してしまっているせいで、プライドも相まってそれを変に手放せなくなるからです。

例えば、ソニーで働いているとします。

給料は手取り25万円、昇格したとしても30〜40万円みたいな世界です。

何十年後かに課長とか部長になってようやく月に80万円、90万円になるって感じですよね。

でもそれって何十年先の話ですかって話です。

月に100万円くらいなら独立すれば一年以内に達成できます。

センスがなくても2年以内にはいきます。

でもソニーで働く人は絶対にやめないんですよね。

会社を辞めない人は、単純に稼ぎ方を知らないというのもありますが、それ以上に、これまで良い大学を卒業して、世間的に名のある企業に就職したという、実際にはなんの役にも立たないエリート街道をめちゃくちゃ大事にします。

これは本人のプライドの問題もあるし、周りの親戚、知り合い、友人からの目を気にしているというのが理由です。

ここで転職してベンチャー企業に転職したら、これまでのエリート街道キャリアに汚点ができるのではないかと思ってしまうわけです。

これまで一生懸命勉強して難関大学に入って、有名な企業にも入ったのに、ここで会社を辞めたら、今までの努力はなんだったんだという気持ちになって、「転職すること、独立すること=過去の自分を否定すること」という思考になって、余計に会社を辞めないです。

そして、これだけじゃなくてはたから見たら給料はクソほど安いんですけど、彼らからすると、5年後、6年後に月に50万円もらえるというのは、リテラシーが低いがゆえにめちゃくちゃ魅力的に見えちゃってるんですよね。

中途半端にそれなりに良いお給料をもらえるせいで、これまた余計に会社を辞めないんですよ。

だから、

  • 高学歴、有名企業勤めのプライド
  • 過去の自分の努力を否定
  • 中途半端に良いお給料がもらえる

この3点があるから、中途半端な会社に入った高学歴は、よほど強く後押しされないと一生会社を辞めないです。

だから、自分はこういう人たちが一番不幸だと思ってるわけです。

別にそれほど有名でもなんでもない企業に勤めている人とか、高学歴でもなんでもなく特に高いプライドを持っていない人は、なんの気兼ねなく、独立した方が稼げるということがわかったら、すぐにやめるじゃないですか。

でも中途半端な会社に勤めている高学歴はそれができないのが不幸なんですよ。

そして結果的に、別に高学歴でもないし、大した会社に勤めているわけじゃない人たちが、先にどんどん独立して、そういう人たちの方が稼げるようになるわけです。

実際に、SNSでフォロワーがいる人とか、月に100万円近く稼いでいる人のほとんどって、別に高学歴でもないし、有名企業にいたわけじゃない人が大半ですからね。

彼らはなんの未練もなくスパッと会社をすぐに辞められるからです。

自分の友達も、ドコモとか日産とかKDDIとかパナソニックとか、関西電力とか、そういう会社に勤めてる人はたくさんいますけど、何言っても絶対に辞めないですね。

別に給料は高くもなんともないし、何かしらのスキルが身についているわけでもないのに、辞めないです。

行動する高学歴は最強ですけど、行動しない高学歴は世の中で一番不自由で、一番不幸ですからね。

このことは本当に理解しておいた方がいいです。

動画を見てくれている人の中で、自分に当てはまった人がいたとしても、行動がを見て行動を始める人は1000人に1人です。

そしてこの一人だけが、一年後に自由な時間とお金を持って悠々自適な暮らしをしています。

そのほかの行動しなかった999人は、一年後も今と全く同じ給料で、似たような仕事をして、毎日10時間会社に閉じ込められたままです。

さて、あなたは1000人に1人の逸材になれますか?

本記事の内容は、YouTubeでも解説しているので、動画の方も是非ご覧ください^^

 

今回もブログをお読みいただきありがとうございます😎  以下のLINE公式では、LINE限定の動画コンテンツやコラム、みなさん一人ひとりにパーソナライズした情報などを配信していますので、ぜひ友だち追加お願いします^^
追加していただいた方だけに配布する限定動画もございます🎁
友だち追加