【副業】プログラミングで10万円稼ぐ営業方法

プログラミング
YUKO
副業で稼ぐためにプログラミングの勉強しているんだけど、手順がわからなくて困ってます…。
YUJI
今日はそんなYUKOさんのために、10万円稼ぐための具体的な手順について話していきますね^^
本記事が想定するターゲット読者
これからプログラミングの副業で稼ぎたいと思っている人
本記事を読んで分かること
月に10万円稼ぐための具体的な手順がわかります

プログラミングで副収入10万円を稼ぐ営業方法

副業で稼ぐために、プログラミングを勉強し始めてる人が多くいますが、プログラミングをゼロから学び始めて、最終的に稼ぐところまでの道筋をちゃんとわかっている人は、それほど多くありません。

もちろん目の前の基礎学習に集中することも大事ですが、ゴールまでのロードマップがわかっている状態と、分かっていない状態では、学習意欲がまるで違います

皆さんも今勉強していることが、具体的にどのように繋がっていって、いくらくらい稼げるようになるのかが分かっていないと、なかなかやる気が出ませんよね?

なぜなら、ちゃんとロードマップを理解していないと、「勉強している意味」を途中で見失いがちだからです。

人は具体的に未来が描けていればいるほど、やる気になる生き物です。

例えば、学校の勉強だって勉強する意味を子供たちに教えないから、多くの人が勉強嫌いになったり、勉強をやらなくなってしまう。

メリットがわからないものを頑張る人なんていないので、こうなって当たり前ですよね。

でもここで、勉強を教える前に、英語ができるようになると

  • 外国人の友達がたくさんできる
  • 世界を自由自在に旅することができる

のような未来を見せてあげると、勝手に英語を勉強し始めるものです。

何かの学習を継続させるために必要なことは、それを学習することで得られる未来を具体的に想像することです。

霧がかった道を歩くよりも、晴れ渡った見通しのいい道を歩く方が、ゴールまでの距離感を正確に知ることができて、着実にゴールに近づいている実感を持つことができます

プログラミングで10万円稼ぐための手順は、全部で以下の4ステップあります。

  1. 目的&目標の設定
  2. 基礎学習
  3. ポートフォリオの作成
  4. 営業

この4つのステップのうち、1〜3については、自分のブログやYouTubeなどで散々言ってきているので理解している人は多いと思います。

もしまだちゃんと分かっていない人は、以下の記事で復習するようにしてください。

プログラミングを独学で習得する手順【フロントエンド 副業編】

2020年9月2日

プログラミングの勉強方法【駆け出しエンジニア必見】

2020年8月22日

1〜3の手順は理解していても、4つ目のステップである「営業」に関しては、具体的にイメージできていない人が多いと思います。

そのため、今回は特に4つ目のステップである「営業」について、より具体的に説明していこうと思います。

営業と一口で言っても、

  • 営業文
  • 営業先

の2つに分解されますが、「営業文の作り方」については以下の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。

【副業】営業でライバルと差をつける方法

2020年8月13日

【副業】ポートフォリオサイトの制作で意識すべきこと

2020年8月12日

【エンジニア転職】オリジナルサイトの効率的な制作方法を教えます

2020年1月1日

そのため、今回は「営業先」についてその詳細を説明していきます。

具体的に4つの営業方法があるので、本記事を最後まで営業のイメージを掴んでください^^

今回はランキング形式で4つの営業方法を紹介していきますが、その評価基準は、「案件の獲得難易度」と「報酬単価」の2つです。

4位:友人・知人に営業する

おすすめの営業方法の第4位は、友人や知人に営業することです。

これは、LINETwitterinstagramFacebookなどなんでもいいですが、とにかく自分の友人や知人が集まっているプラットフォームで、「HP作って欲しい人いますか?」のような投稿をすればOKです。

また、投稿する際に「シェアしていただければ嬉しいです」のような一言を添えておくと、友人の友人、友人の友人の友人….、のように色々な人にまで宣伝することができます。

自分の友人や知人にシェアをお願いしてるわけですから、それなりの数の人が協力してくれると思います。

また、これはいずれの営業方法においても共通のことなのですが、HP作成の報酬金額の目安を書いておきましょう

ただ、「あくまで金額は目安であって、直接コミュニケーションを取らせていただいた上で、交渉させていただきます。」のような一言をつけておくことです。

この一言をつけておかないと、報酬金額に関して交渉の余地がないと思われてしまい、見込み客が減ってしまいます。

今回、この「友人・知人に営業する」を第4位にしたのは、案件獲得難易度が若干高めだからです。

確かにある程度、友人たちが自分の宣伝を拡散してくれるといっても、やはり行き届く範囲というのはかなり限定的です。

報酬単価についてはそれほど目立った問題点はないですが、案件が獲得できなければ、元も子もないので第4位としました。

3位:ディレクターを探す

おすすめの営業方法の第3位は、ディレクターを探すことです。

ディレクターというのは、Web制作案件を複数抱えていて、下請けエンジニアに仕事を振ってくれる人のことです。

そして仕事を振ったあと、エンジニアが制作した成果物を最終チェックして、クライアントに納品します。

もちろんディレクターはタダで仕事を振ってくれる訳ではなく、報酬を中抜きします。

中抜きはされますが、いいディレクターを見つけることができれば、継続的に案件をこなすことができます

そのため、この「ディレクターを探す方法」についての総評としては、案件獲得難易度は低いが、報酬単価が若干低くなるという感じです。

ディレクターは、Twitterを使って「Web制作 ディレクター」と検索すれば簡単に見つけることができます。

自分がさっき検索してみただけでも、かなりの数のディレクターがヒットしました。

自分でも一回検索してみてくださいね^^

2位:SNSで案件を募集する

おすすめの営業方法の第2位は、SNSで案件を募集することです。

これは、Twitterを使って「HP制作の案件ありませんか?」と投稿することで、発注者側から来てもらう方法です。

案件を募集する際は、「自分は何ができるのか」「一週間に稼働できる時間」「ポートフォリオのURL」を掲載するようにしましょう。

目安となる金額はツイート自体に書き込むと少しいやらしいので、ポートフォリオ内に書いておけば、ツイート内に書かなくても大丈夫です。

そして、一度ツイートを作ったらそれを固定ツイートにしたり、定期的にツイートするようにしましょう。

SNSで営業をするときは、以下がポイントになってきます。

  • ある程度フォロワーを集めておくこと(500〜が好ましい)
  • プロフィールを充実させること(顔出しが好ましい)

やはりフォロワーが多かったり、プロフィールが充実しているほど、クライアントは自分を信用してくれます

そのため、Web制作の勉強をしながら、Twitterのフォロワーを伸ばす努力もしておきましょう。

Twitterのフォロワーを効率的に伸ばす方法については、以下の記事を参考にしください。

また、Twitter以外でも、YouTubeで集客することもできます。

YouTubeで集客する場合は、プログラミングまたはプログラミングと親和性の高い内容を発信しつつ、概要欄に案件を募集している旨を書いておくことです。

ただ、YouTubeに関しては少し難易度が高いので、やはりTwitterがオススメです。

1位:Web制作会社に営業をかける

おすすめの営業方法の第1位は、Web制作会社に営業することです。

Web制作の案件が欲しいなら、やはりWeb制作会社に営業することが一番です。

Web制作会社というのは、その言葉の通り、Web制作を代行している会社のことです。

つまり、Web制作会社には大量の案件がたまっています。

そして、大量にある案件のうちどれか一つを自分に任せてもらうという形になります。

とにかく難しいことは考えず、ネットで「滋賀県 Web制作会社」みたいな感じで調べると、Web制作会社がたくさんヒットするので、片っ端から営業メールを送っていけばいいです。

メールアドレスは、会社のHPの会社概要によく書いています。

そこになければ、問い合わせから攻めていきます。

20社くらい営業をしたとしたら、返信があるのはだいたい1〜3社くらいなので、全然返信がこなくても落ち込まないでください。

Web制作会社に営業をすると、Web制作会社には案件が大量にたまっている場所ですから、案件がなかなか見つからないということにもなりません。

また、自分で直接営業をしているので、誰かに中抜きされたり、手数料を取られることもありません。

そのため、やはりWeb制作会社への営業が一番オススメだと言えます。

まとめ

ここまでで、オススメの営業方法について4つ紹介していきました。

この方法で、案件を獲得すれば余裕で月に10万円は稼ぐことができます。

LP制作であれば2〜3件こなして、WordPress案件であれば1つで10万円は余裕で超えます。

今回はランキング順で営業方法を紹介してきましたが、多くの人にこの順位は当てはまるといっても、やはり各々で順位は変動すると思うので、自分が一番できそうだと思う営業をやってみればいいです。

例えば、SNSのフォロワーが1000人くらいいるんだったら、Web制作会社に営業をかけるよりも、Twitterで募集した方が早いかもしれません。

Facebookやinstagram、LINEで多くの友人・知人とつながっているのであれば、まずはそちらからアプローチしてみた方がいいかもしれません。

とにかく色々試してみてください。

最後に営業するときのコツですが実績がないうちは相場の半額程度を提示する勢いで営業をした方がいいです。

それでもなかなか案件が取れない場合は、タダで制作するくらいの覚悟があってもいいです。

実績がない状態のうちは、あまり報酬金額には期待せずに、とにかく経験を積むことを最優先にして動きましょう。

それでは、みなさん副業頑張っていきましょう^^

プログラミングで副収入10万円を稼ぐ営業方法
  • 第4位:友人・知人に営業をする
  • 第3位:ディレクターを探す
  • 第2位:SNSで案件募集する
  • 第1位:Web制作会社に営業する
YUKO
具体的な営業方法がわかって、プログラミングで稼ぐイメージができました。ありがとうございます^^
YUJI
やはりプログラミングを学習する上で、最終的に稼ぐまでのロードマップを理解しておくことは重要ですよね^^
今回もブログをお読みいただきありがとうございます😎  以下のLINE公式では、LINE限定の動画コンテンツやコラム、みなさん一人ひとりにパーソナライズした情報などを配信していますので、ぜひ友だち追加お願いします^^
追加していただいた方だけに配布する限定動画もございます🎁
友だち追加