ライティングや動画編集は実践から学ぶべき理由

モチベUP方法
YUKO
ライティングや動画編集は実践から学ぶべきとはどういうことですか??教えてください…
YUJI
なぜ実践から学ぶべきなのかということと、その理由を説明していきますね
本記事が想定するターゲット読者
副業などでライティングや動画編集に興味がある人
本記事を読んで分かること
ライティングと動画編集を実践から学ぶべき理由が分かります

結論

ライティングや動画編集は実践から学ぶべき理由
ライティングはブログの執筆から、動画編集はYouTubeの投稿から学んでいくべき

【理由】
  • クライアントの意図やニーズ正確に把握することができるようになるから
  • ブログやYouTubeなど自分のコンテンツであるため、妥協を許さないライティングや動画編集継続的にアウトプットすることになるから
  • ライティングや動画編集の学習をしながら資産を蓄積することができるから

ライティングや動画編集は実践を通して学ぶべき

昨今の副業ブームの中、ライティングや動画編集で稼いでいこうと考えている人は多いでしょう。

このような人たちに私が強くお勧めしたいのが、これらの副業をするために必要な「ライティングスキル」や「動画編集スキル」を実践を通して学んでいくことです。

つまり、ライティングはブログの執筆から学んでいき動画編集はYouTubeの投稿から学んでいくということです。

これらは一見遠回りのように見えますが、お金を稼ぐという観点からいうとむしろ近道です。

以下より、なぜブログ執筆やYouTube投稿を通して、ライティングスキルや動画編集スキルを学んでいくべきかということを説明していきます。

クライアントの意図やニーズを正確に把握できるようになるため

ライティングや動画編集の副業では、企業や個人事業主、個人から案件を受注して、それを納品することで収入を得ることができます。

そのため、ライティングや動画編集で稼ごうとすると必ずクライアントが存在し、そのクライアントの意図やニーズを正確に成果物に反映させることは必要不可欠なことです

自分でブログ運営やYouTube投稿を行なっている場合、「発注者側の気持ち」と「普段ブログ執筆をしたり動画編集をしている自分の気持ち」をそのまま重ね合わせることができるでしょう。

例えば、自分が動画投稿を行なっていて、自分が他の人に動画編集を発注するなら「○○な人がいい」「□□に気をつけてくれる人がいい」という要望が必ずあるでしょう。

自分が受注する側に回れば、そのことに気をつければいいのです。

ライティングにしても、普段から自分がブログ運営をしていれば「○○な文章構成が良い」「こういう時の言葉選びは□□がいい」など色々な視点を考慮しながら、案件をこなせると思います。

とにかく発注者側の気持ちが自分のことのように分かることは大きなメリットだと言えます。

「顧客目線」を徹底した仕事は、必ず評価されます。

継続的な本気のアウトプットにより成長が圧倒的に早いから

ブログを書いている人、YouTubeを投稿している人は当然自分のメディアとして運営しているわけですから、自分のコンテンツの品質を落とさないように、一切妥協することなく文章を書き続けたり、動画編集をして投稿し続けると思います

このライティングや動画編集の本気の継続により、スキルは短期間で飛躍的に向上していきます。

かくいう自分の場合、毎日ブログを執筆することによってかなりライティングスキルが向上しているのを実感しています。

このことはひとえに、自分のブログの品質を落とさないようにするために、言葉選びや文章構成を本気で毎日考えているからです。

おそらくYouTubeをしている方も、自分の動画コンテンツの品質をあげて、チャンネル登録者数を増やすために、毎日毎日本気で動画編集に取り組んでいると思います。

人の制作物ではなく、自分の制作物として本気で取り組むことで、強制的にスキルを短期で飛躍的に向上させることができるでしょう。

資産を蓄積しながら学習することができるから

ブログ運営やYouTube投稿をしていると、当然ですが広告費などの収入が入ってきます。

そうすると、ライティングスキルや動画編集スキルを高めながら、ネット上に資産を蓄積していくことができます。

何にでも言えることですが、一石二鳥、もっというと一石三鳥、四鳥を意識するようにしましょう。

ただ単に案件を受注してライティングや動画編集しているよりは、その同じ労力によるメリットの数を増やせるような努力をできるようになると強いです。

収入が入ってくるという大きなインセンティブがあると、自ずとブログ執筆によるライティングや、YouTube投稿における動画編集に一層力が入るでしょう。

まとめ

最後にもう一度、結論をまとめておきます。

ライティングや動画編集は実践から学ぶべき理由
ライティングはブログの執筆から、動画編集はYouTubeの投稿から学んでいくべき

【理由】
  • クライアントの意図やニーズ正確に把握することができるようになるから
  • ブログやYouTubeなど自分のコンテンツであるため、妥協を許さないライティングや動画編集継続的にアウトプットすることになるから
  • ライティングや動画編集の学習をしながら資産を蓄積することができるから
YUKO
ライティングや動画編集を学ぶ時は、ブログ執筆やYouTubeのような実践を通して学んだ方が良さそうですね!
YUJI
自分もまさに今ブログ運営やYouTubeにこれから力を入れていき、ライティングスキルや動画編集スキルも高めていこうと思っています。